上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


こんにちは

今週は 土日雨予報だったので ボートの修理をしました。
P6270001.jpg

引きずって出来てしまった 剥離箇所の修理です。

出来たしまった場所がチョット厄介だったので アール状に切り

THFで接着です。
P6270006.jpg
剥離した部分は PVCが剥がれているので そこは このTHFでは着きませんので

この上からもう一枚被せて 補強しました。
P6270007.jpg
このまま 日曜日の夜まで放置です。

釣りに行けない土日は 釣具屋にGO!
P6300008.jpg
んー 何かが違う気が・・・・ 「色々釣れてるぞ」と聞くと

「こんな事もあろうかと」と こうなる

でも先日 教えてもらった ジグが 一個も無いじゃないか

本命は あれこれ悩んで選べないのですが

そうでない物は 簡単に選べるのです。

セールが終わる前に 本命ジグ確保しなければ!

来週 浮かべますように
スポンサーサイト
 2014_06_30


こんにちは

昨年は 仕事に追われ出船できず

今年もやっと落ち着いてきたのでゴムボート出陣です。

2014年4月12日 前回の更新から ほぼ一年 

今年初浮かび・・・結果「ボウズ」です。

何が 悪いのか? 腕か? 道具か? 謎

坊主は慣れているので気にしませんが・・・・

他に気になる事が 船外機の調子が悪いのです。

いつも嫁ちゃんが船長なので 自分は気づきませんでしたが

アイドリングで「プスス・・・」怖くて乗ってられない状態になってしまいました。

んー こりゃーヤバイって事で パーツリスト見ながら自分で出来る事の

範囲で部品注文して 後日 メンテナンス開始~

まずは インペラ~とその周りのシールの交換です。

汚れてますね~なのか こんなもんなのかも分からず
P4250035.jpg
インペラ交換 これは2回目なのですが ゴムの劣化・・・してなさそうかも?でも交換です。
P4250041.jpg
ドライブシャフトのオイルシールも交換・・・ 抜くのに苦労しました・・・入れるのも苦労しましたが ボール盤で入れてやった!
P4250043.jpg
錆や汚れ落として
P4250047.jpg
グリス塗って完成。
P4250048.jpg
同時に さかさまにしてギヤオイル抜いたら ドバってオイルが出るので普段出てこないようなのが 出てきました。

さて 次はエンジン部分です。 下からボルト6本で止めてあるのですが ボルト抜いてもビクともしないのです。

こんなときは 木ハンマーで叩くのみ! 5殴りくらいで パッキン面に隙間が よしよし で 取ってみたら・・・
P4250049.jpg
こりゃーまずい 塩だらけだ  
P4250052.jpg
綺麗に掃除して
P4250059.jpg
ん? 腐ってるぞ・・・P4250061.jpg
どうりで ここに着いている クランクヘッドのボルト取れずに 折れたわけだ

まーこうなったら 樹脂で埋めちゃうしかないでしょ! ってか正しいのかわかりませんが・・やってみます
P4260063.jpg
折れた ボルトは その上から立て直しました。

次は シリンダーヘッドの中です。 うっすらガスケットの周りに塩吹いているので ここも やばそうです。
P4250056.jpg
ボルトは 問題なく抜けましたが サーモスタットが・・・ 予測してたので 新品に交換です。

後は冷却水水路の掃除をして 元にもどします。
P4260066.jpg
P4260070.jpg


浮いた塗装も 少しは直して 燃料フィルターの交換これも2回目です。

作業時間は 1日半 パッキン面の掃除に時間とられました。(まー素人なので)

今回の費用は 約1万5千円 これを1年半ごとに やっていれば 致命傷には ならなさそうです。

ちなみに私は 4年半前に買ってからここまでやったのは 初めてです。

次の日 エンジン回してみましたが アイドリング1000rpmに調整して「プスス・・・」は なくなりました。

さあ 不安も払拭したし 浮かびに行こう!・・・ ところが 船舶免許更新時期なのです

ん~ 二人で1級取ってしまえって事になり勉強中 無事に受かっても 連休は手元に

免許が無いので浮かべません。

そもそも自分たちのゴムボートに 1級必要なのかな~ 

連休は 嫁ちゃん熱望で 管理釣り場 東山湖に行ってきました
P5030079.jpg
お持ち返り分だけ キープ! 普段と違って 釣れて楽しかったです。









 2014_05_15



今日は 魚探のカバーと固定方法です

まずは カバーを作ろうかと思ったのですが

自作プラスチック系だと どうしても板厚が3ミリから5ミリに

なってしまうので 成形品を使うことにしました

そのほうが 軽くて見栄えがいいからね

ホームセンターなどで売っている タッパーで丁度いいサイズ

があったのでそれで決まりです。

次は 固定方法なのですが 画面を横方向にも回したいので

塩ビ配管用のユニオンソケットを使います。

それと 魚探付属のスタンドの穴に合うように ベースを抜いて

タッパーを挟み込むように ボルトで止めます。
IMGP0415.jpg
IMGP0416.jpg
ユニオンソケットは ネジになっているので

そこを緩めれば 画面を横方向に回せます ユニオンには

オーリングが入っているので 緩み防止にもなるかも?

そして ボートにはフィッシングロッドホルダーを使い

固定します。 塩ビタフプレートをこてこてに溶接して

真ん中に10パイの穴開けます~

そこに M8の首下65のボルトを通して 蝶ナット+スプリング

ワッシャで絞めます。 ここの部分が割れたり 緩んだりしたら

魚探が落っこちてしまうので 重要ポイントです。
IMGP0417.jpg

出来上がりは

IMGP0411.jpg
こんな感じになりました 走行中は ユラユラ揺れますが

まー問題無さそうです。

しまう時も コード類を中に入れて
IMGP0422.jpg
これに 納まります 振動子はさすがに無理でした。

次回は振動子の固定方法です。



 2012_07_17


やっと 魚探を購入したので

電源を確保せねば 

ゴムボート膨らませるのにも バッテリーを

使うのですが 今使っているバッテリーは

車のお下がりで すでに8年目サイズは 46だったかな?

不安だったので今回 ACデルコを思い切って購入しました

サイズも迷ったのですが 足りないと困るので サイズ55に

しました。これで 膨らまし 魚探 お片づけの吸引 まで

多分もってくれるでしょう~

ゴムボートでの バッテリーの設置場所は 座席代わりに

使っている RVボックスの中に決定! 水に濡れないので

最適かな? でも ボックスの中の荷物が バッテリーに

当たりショートすると困るので ケースを作りました
IMGP0424.jpg
お得意の 塩ビタフプレートで作りました カバーは

透明塩ビです 接着だけだと バッテリーの重さが 12キロ

あるので不安です そこで塩ビ溶接で接合部の 内側外側を

3ミリの溶接棒で溶接します ここまですれば 落としても

割れないでしょう。(溶接がヘボなら割れますが)

ただ これだけだと ボートの揺れで

中でバッテリーが 暴れてしまうので 中に塩ビブロックを

付けてスポンジパッキンを 塩ビブロックに貼ります

そうすれば ぎゅっといい感じにバッテリーが入るので

中で暴れることはありません。
IMGP0425.jpg
持ち運びしやすいように 長穴を両方に開けて

ガス抜きの穴も 2箇所開けて

これで 完成です。

次回は 魚探の固定方法を 書きます。


 2012_07_11


こんにちは

ゴムボート釣りを始めて そろそろ3年

今日家に 中間検査の書類が来てましたが~

先週の木曜日に 我が家に魚探がやってきました! イェーイ!

要るのか要らないのか 本当に要るのか本当に要らないのか・・・

散々迷い 買うこと決めたら 今度は メーカーは?

メーカー決まれば 機種は? いや~ 色々迷うのも

楽しいのですが 一番大事な予算は幾らにしようか

ネットやカタログと ニラメッコしても さっぱり解らん

海外製もソナーとか付いていて 楽しそうなんですが

魚探初心者 英語レベル0 なので ホンデックスに決定

アナログ魚探 デジタル魚探 なんのこっちゃ?

初心者はデジタル魚探が 楽らしいので HE-81GP-Diを

買ってみました 振動子は TD27にしました。

土曜日に 浮かびたいので 金曜日中に取り付ける

方法を考えて 自作しなければ う~忙しい~

バッテリーも ACデルコ 仕入れて 濡れても平気なように

カバーも作ります。
IMGP0412.jpg
んー なんだか解りませんが バッテリーカバーです。

魚探本体の取り付けは
IMGP0411.jpg
硬質塩ビのタフプレートと ユニオンで パイプ挿して接着して

塩ビの溶接をして完成です。 ユニオンを使っているので

緩めれば画面の横方向の向きが変えられます。

そして振動子の取り付けは
IMGP0409.jpg
ランチングホイールの横の隙間を利用して付けました

トランサムボードに 硬質塩ビの板を付けるのですが

木ネジの頭が出ないように さらって細めの下穴を空けときます

無理に入れると ベニヤ(ベニヤにも下穴)がモッコリして板がピッタリ付かないで

隙間が出来ちゃうのです。

やっつけ仕事で作ってしまいましたが 土曜日浮かんでみて

まったく問題無かったです たぶんですが・・・

走行中もそこそこ綺麗に 海中の様子が

映っていたみたいだし 

でも 電源ケーブルが短くて 腰掛ける

板の下にバッテリーを装着して 今回は出船しましたが

ケーブル延長したので 腰掛けるRVBOXの中に 次回から入れる予定です。

次回もう少し 詳しく載せますので

どなたかの参考になれば 幸いです。
 2012_07_02


03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

かっぱ美

Author:かっぱ美
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

リンクバナー




PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。